詳細

ホーム > 詳細情報

フロンティアのゆくえ―世紀末アメリカの危機と想像
大井浩二 著

イグネイシャス・ドネリー、W. D. ハウエルズ、L. F. ボームといった本邦ではほとんど取り扱われることのなかったアメリカ大衆文学の作家たちをとおして、世紀末の危機的状況をアメリカ人がどのようにして乗りこえてきたか、あるいは乗りこえられなかったのかを検証する。

ISBN 978-4-87571-642-6
判 型 四六
頁数 234ページ
定 価 1,650円(税込)