詳細

ホーム > 詳細情報

エリザベス・ギャスケル―孤独と共感
阿部美恵・多比羅眞理子 編著

「孤独と共感」はギャスケル小説の本質であり、長編、短編を問わず作品の基調となっている。ギャスケルは、老若男女、貧富に関係なくあらゆる人間を愛した。社会小説、歴史小説、伝記など多彩な作品に見られる「人間への篤い共感の心」は、当時のイギリスで産業革命の勃興によって貧富の格差が広がり、荒廃した人々の心をつなぐものとなった。現在の日本、物質的豊かさの反面精神的荒廃の増大を実感する私達が、その作品を読み、「共感」の意味を真摯に考える意義は非常に大きい。

ISBN 978-4-87571-052-3
判 型 A5版 上製本
頁数 201ページ
定 価 1,944円(税込)
刊行年 2009年



<目 次>
『クランフォード』の精神―孤独の街から共生の街へ      
                            山脇百合子
『メアリ・バートン』―キャラクターにみる孤独と共感
                            中山恵美子
『ルース』―ルースに見る誠実さ          角田米子
『北と南』―労働者ヒギンズの役割     多比羅眞理子
『シルヴィアの恋人たち』―フィリップを中心に 阿部美恵
『従妹フィリス』―登場人物を通して       金子史江
『妻たちと娘たち』ホリングフォードの小事件  中村美絵
Ruth, Adam Bede and Tess of the d'Urbervilles:
Three Fallen Women and the Spirit of Age
                         ジェイムズ・治美
Yuriko and Knutsford's Cranford Days   ジョーン・リーチ
  あとがき
  年賦
  索引