詳細

ホーム > 詳細情報

フォークナーの前期作品研究―身体と言語―
田中敬子 著

著者は人種問題のテーマからフォークナーの作品を前期(初期~『サンクチュアリ』まで)、中期(『八月の光』から『行け、モーゼ』まで)、それ以降を後期と分類する。彼の前期の作品は、大胆な技法による言語表象への関心から始まって社会における表象作用全般の力学まで思い至る点で、フォークナー文学の基礎をなしている。

ISBN 978-4-87571-969-4
判 型 四六
頁数 296ページ
定 価 2,750円(税込)