検索結果

ホーム > 単行本

191件見つかりました ] 20ページ中11ページ目を表示しています。

大石俊一 著
英語、英文学を愛するうえで人後に落ちない著者が、浅薄皮相な英語熱にうかされている日本の風潮に発した警世の書。現在の英語偏重は、日本の国際化イコール...

平野幸仁 著
日本を代表する近代作家、知識人たちが西欧文化・文学をいかに受容しあるいは対決してきたかを興味深く詳述した好著。表題の他、漱石とイギリス、高村光太郎...

バークシャー婦人会連盟 編/岡本誠 訳
パブの歴史は150年。それまでは宿屋(イン)が酒場も兼ねていた。英国のパブで感じられる歴史の重みや建築の魅力はこの点に由来する。バークシャー婦人会連盟...

早川鉦二 著
本書は、市町村合併の本当のねらいは国の財政再建のためであり、合併によってきめ細かいぬくもりのある行政が不可能となるばかりか、過疎化に拍車がかかり、...

宇田和子 著
売られているお菓子には、味が強すぎたり、添加物が多かったり、外見は良いけれど素材としての食べ物はどこにあるの?と思わされてしまう物も少なくありませ...

太田垣正義 著
川柳本として、経験豊かなベテランや大家による入門書や句集は数多くありますが、初歩から始めた体験を紹介した本は本書が初めてと思われます。成功作ばかり...

林康次 編著
9.11以後、世界中の国々がこの事件の背景を読み取り、文化間の相互理解から相互信頼への道を模索し始めた。本書は北米の政治・経済・歴史・文化・芸術・文学...

早川鉦二 著
平成の市町村大合併に揺れる日本列島。本書は、ご破算となった東濃西部三市一町(多治見市、土岐市、瑞浪市、笠原町)の合併協議を見つめてきた研究者の一つ...

早川鉦二 著
幻に終わった岐阜県東濃西部三市一町(多治見市、土岐市、瑞浪市、笠原町)の合併問題を克明に記録し続け『市町村合併を考える』『わがまちが残った』を上梓...

<<PREV 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 NEXT>>