検索結果

ホーム > 単行本 > 研究書 > 文学一般(英米文学、その他含む)

40件見つかりました ] 4ページ中1ページ目を表示しています。

ウィリアム・D・ハウエルズ 著 武田千枝子/矢作三蔵/山口志のぶ 訳
本邦初訳!
 19世紀後半から20世紀初めにかけ、一流文芸誌を通じてアメリカのリアリズム文学育成に努めたハウエルズは、日本の一般読者にはなじみの薄い作...

中西佳世子
ホーソーンは『旧牧師館の苔』以降、短編から長編へと創作スタイルを移行させたが、そのどの長編ロマンスにもプロヴィデンス(神の摂理)の概念と語が遍在し...

津久井良充・市川薫 編著
 今日では、悲惨な戦争は国家のおこなう武力衝突だけではなく、テロやサイバー攻撃、経済戦争などの形をとって、わたしたちの日常に潜んでいる。世界の様々...

鈴江璋子
著者の生きてきた昭和、平成という時代は軍国主義から民主主義まで大変振幅の大きい時代であった。その大転換期に大学に籍を置き「文学」と言う「まぼろし」...

マーガレット・アトウッド著 松田雅子/松田寿一/柴田千秋 共訳
主人公の女画家イレインが回顧展を開催するためにふるさとトロントに戻るところから、回顧展が終了しヴァンクーバーへ帰るまでの期間が作品の設定である。ア...

日本比較文化学会関東支部
日本比較文化学会関東支部の設立30周年を記念した論文集。会員の最新研究成果公表とあわせて、支部の現在地を確認し、次の30年のための礎とすることも目指し...

佐久間康夫 著
シェイクスピアの『ハムレット』からロイド=ウェバーの『キャッツ』まで、劇団四季や俳優座などの上演プログラムに掲載された文章をはじめとして、西洋演劇...

日本比較文化学会関東支部
23名の執筆者が、それぞれの興味関心および専門領域におけるアプローチを通して文化を比較し、そこから見えるものを抉り出した論考集である。

日本人間関係学会・文学と人間関係部会
東西の文学作品を通じて、先人達の多様な危難の時の向かい合い方、克服の経過を考察する。

現代英語文学研究会編
現代的視点で文学テクストを読むシリーズの第四弾。80年代以降、歴史、心理、文学、アート諸領域を越境し、共時的関心を呼び覚ましている「記憶」、とりわけ...

<<PREV 
1 | 2 | 3 | 4 NEXT>>