検索結果

ホーム > 単行本 > 研究書

200件見つかりました ] 20ページ中1ページ目を表示しています。

多比羅眞理子編著
長い間ギャスケルの中編、短編は未開の領域でしたが、2015 年12 月に日本ギャスケル協会編の『 エリザベス・ギャスケル中・短編小説研究』が出版され、ギャス...

小谷耕二 編
本書は「ホームランド」を一つのキーワードとしてアメリカ文学を論じたものである。「ホームランド」という言葉は9.11同時多発テロ直後、ブッシュ(父)大...

竹田津 進著
 心理動詞 (surprise, amaze, astonish, shock, startle等) の受動文(心理受動文)がとる動作主を示す前置詞の歴史的推移について、電子コーパスを使い調査...

坂本 武 編
不世出の18世紀英国作家スターンのウィットとユーモアにあふれた物語世界を紹介し、その文学的魅力を解明する。

アンソニー・トロロープ
トロロープは貧乏紳士としてハロー校やウィンチェスター校でのけ者にされた理由、そして一人空想にふけり、物語の空中楼閣を築くようになったか率直に述べて...

中西佳世子/林以知郎 編
海洋国家アメリカの揺籃期、海軍の生成と文学の開花は軌を一にしていた。軍艦、商船、捕鯨船、奴隷船が交錯するアンテベラムの海洋は、やがて海軍が体現する...

野谷啓二著
19世紀前半に起こったオックスフォード運動とはどのようなものであったかその実相を明らかにし、20世紀後半までのカトリック文学を考察する。近代以降プロテ...

神戸大学英米文学会
神戸大学英米文学会は昭和29年に英語教員によって結成され、年に数回の研究発表会を開催、昭和34年にはKobe Miscellanyという同人誌第一号も発行され、60年以...

ウィリアム・D・ハウエルズ 著 武田千枝子/矢作三蔵/山口志のぶ 訳
本邦初訳!
 19世紀後半から20世紀初めにかけ、一流文芸誌を通じてアメリカのリアリズム文学育成に努めたハウエルズは、日本の一般読者にはなじみの薄い作...

中西佳世子
ホーソーンは『旧牧師館の苔』以降、短編から長編へと創作スタイルを移行させたが、そのどの長編ロマンスにもプロヴィデンス(神の摂理)の概念と語が遍在し...

<<PREV 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 NEXT>>