検索結果

ホーム > 単行本

193件見つかりました ] 20ページ中1ページ目を表示しています。

田中泰賢 著
文学の衰退が叫ばれて久しく、モダニズム教養主義の意義を失い、一方的な外国文学の受容弊害と同時に、今日の機械文明による影響が衰退の遠因と近因である中...

市川 薫 編著
「小説」という文学ジャンルはかけがえのない個人の経験を語ることを旨とするが、その個人を圧殺・消去してしまいかねない「戦争」という事象とどのように向...

吉岡葉子 著
「アメリカの作家」を自認するジョイス・キャロル・オーツは、変化し続けるアメリカの暗い諸相を追ってきた。北部の過疎地に生まれ、貧しいハンガリー移民の...

宇田和子 著
 ブロンテ研究と食文化研究を融合させたユニークな書。ブロンテ姉妹の食生活解明にあたって用いられているものは、3姉妹と関連人物達の生涯、主要3作品、社...

【イギリス小説読書研究会 編】(五十音順)
池園 宏・池田 祐子・岩下 いずみ・鵜飼 信光・金子 幸男・柴田 千秋・
高本 孝子・濱 奈々恵・原田 寛子
 人間が避けて通ることのできない老い。英語圏小説で老いはどのように描かれてきたのだろうか。本書は19 世紀から21 世紀の著名な英語圏作家に焦点を当て、...

村里好俊 著
本書は、イギリスの様々な事柄について、著者の気の向くままに綴られたものです。いわゆる専門書・研究書としてではなく、一般向けの入門書として書かれてい...

多比羅眞理子編著
長い間ギャスケルの中編、短編は未開の領域でしたが、2015 年12 月に日本ギャスケル協会編の『 エリザベス・ギャスケル中・短編小説研究』が出版され、ギャス...

小谷耕二 編
本書は「ホームランド」を一つのキーワードとしてアメリカ文学を論じたものである。「ホームランド」という言葉は9.11同時多発テロ直後、ブッシュ(父)大...

竹田津 進著
 心理動詞 (surprise, amaze, astonish, shock, startle等) の受動文(心理受動文)がとる動作主を示す前置詞の歴史的推移について、電子コーパスを使い調査...

坂本 武 編
不世出の18世紀英国作家スターンのウィットとユーモアにあふれた物語世界を紹介し、その文学的魅力を解明する。

<<PREV 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 NEXT>>