2012年新刊テキスト

新刊近刊情報

富士川義之・玉井暲・河内恵子編著
総勢32名の多彩な執筆陣による多角的なワイルド総合研究。本書無しにワイルドは語れない!

アンソニー・トロロープ作/木下善貞訳
トロロープの傑作本邦初訳!長編6連作「バーセットシャー年代記」の第4弾。
ラフトン卿とルーシー・ロバーツの恋の行方は?


入子文子監修/谷口義朗・中村善雄編集
アメリカ建国の原点とは、イングランドのピューリタンたちが遥か彼方に自由という<光>と洗礼の<水>を求めて大西洋を渡ったところにある。
本書ではアメリカの文学に<水>と<光>がどのように反映されているかを探る。

ジョイス・キャロル・オーツ 著/吉岡葉子 訳
ジョイス・キャロル・オーツの英米文学新批評。10人の先見的作家、詩人の作品論および芸術家としての彼らの人生にまで迫った重厚な論考集。

長塚四史郎
店舗選択行動をする消費者は、Huffが言ったように定数効用モデルに従うコイントス人間にすぎないのか、それとも効用最大化選択をする合理的人間なのか、両者に区別はない、というのが長年の定説だったが、2000年度ノーベル経済学賞受賞理論であるD. McFaddenの確率選択理論を、GIS上で平均人に適用する集計型確率選択モデルを用いると、消費者はまさに目的合理的に店舗選択していることが実証的に明らかとなった。これにより商業立地問題・商圏問題を科学的に解析し、予測する道が開けた。“目的”の理解には“店舗とは何か”という問題の解決も含まれている。

アンソニー・トロロープ作/木下善貞訳
長編六連作「バーセットシャー年代記」の第三弾。本邦初訳。
イギリスでの大ベストセラー。単一作品としても読め、トロロープの代表作と言える。

チャールズ・ディケンズ/小池滋・西條隆雄 編
未訳のまま残されていたディケンズの朗読台本7篇の初訳。朗読に懸けたディケンズの情熱が「解説」に詳しい。

新英米文学会 編
英米文学研究を取り巻く環境が大きく変わってきた今日、真に必要な総合的人間観、社会を把握する力の習得には文学研究を通じてこそ可能であるとの信念に基づき、文学研究をあらためて人の生きる社会と文化の総体の中でとらえ直す視点で取り組んだ論集。

高本孝子・池園宏・加藤洋介 共編
2001-2010年のブッカー賞全受賞作品および有力作家の作品についての論考16篇に加え、全最終候補作品60篇のあらすじを網羅した本書は、英国小説の最近の動向を知りたい人にとって必携の書である。

アンソニー・トロロープ作/木下善貞訳
トロロープはイギリスではディケンズと並ぶ人気作家ながら日本での知名度がイマイチなのは翻訳を阻んできた表現上のトロロープのこだわりがある。訳者はそのこだわりをついに克服、平明で読み易い日本語への翻訳に成功した。トロロープの日本への本格的紹介が始まった。

<<PREV 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 NEXT>>